逆援助交際を成功させる時に女性ウケのいいファーストメールの書き方

逆援助交際 ファーストメール
逆援交

逆援交を行なう際には、実際に会うまでに持ち込むことよりも、最初に送信するメール返信率を上げることが重要です。

なぜなら、相手の女性に対してピンとくるメールが送れていなければ、最初の段階で競争に負けていることになるからです。

出会い系サイトやマッチングアプリを利用して目当ての女性にアプローチしても、ファーストメールすら読んで貰えていない可能性すらあります。

ファーストメールに返信してもらえるようになるためには、コツを掴むことが重要です。

ファーストメールは長くならないように短文でまとめる

折角時間をかけて書いたメールであっても、目当ての女性に読んでもらえなければ意味がありません。

逆援助交際を行なう際に利用する出会い系サイトやマッチングアプリでは、女性会員に届くメッセージ数は毎日100件オーバーというケースも珍しくありません。

1000文字クラスの長文メールを100件全部に目を通すことは、どう考えても有り得ないと分かるでしょう。

3つの項目を4~5行程度でまとめる

ファーストメールに記載する内容は、挨拶と自己紹介・メッセージを送る理由・返信を促す疑問文の3つを短く完結に記載すれば十分です。

メッセージのタイトルに特徴を持たせることは重要ですが、あまりにも最初のメールで重い内容を送信すると、返信に困って既読スルーの原因となりかねません。

気軽に返信してもらえるよう、ごく普通のリスクが少ない男性だと思ってもらうことが重要です。

長いメールは最初から読まれない

女性は、出会い系サイト内で男性よりも真面目なメールを返信内容として書いてくることが多いです。

ファーストメールと女性からの返信メールでは、同程度の文章量で返信するケースが少なくありません。

最初から長文を送ってしまうと、同じくらいしっかりとした文章量を書かなければならないという圧力を感じてしまい、女性からの返信率が下がる原因となりかねません。

返信率のいいファーストメールの例文

逆援助交際を行なう上で自分自身に興味を持ってもらえるファーストメールは、雛形を作っておき目当ての女性に合わせて修正して送れば十分です。

ファーストメールを読んでもらった結果として、返信を1回でも女性からもらえれば、話の幅を広げて行けるでしょう。

挨拶とプロフィールは1行で十分です

ファーストメールでは、挨拶を欠かさずに入れた上で、自分自身のプロフィールを簡単に1行入れておけば、警戒心を少し解くことが出来ます。

特別凝った作りにする必要はなく、「初めまして!◯◯と申します。普段は◯◯を行っている30歳です。」といった文面で十分です。

メインの文面2行と返信を促す疑問文1行

メインの文面には、どうして興味関心を持ったのかといった点や、共通の趣味があれば触れておくと良いでしょう。

ファーストメールを読んでもらえても、返信が無ければ話が広がりません。最後に返信を促すように疑問文で終わると良いでしょう。

例としては、「◯◯さんのプロフィールを見て、同じ△△が趣味ということだったのでメールしました。私は△△を初めて1年くらいになりますが、◯◯さんはどのくらいになりますか?もう少し詳しく知りたいので、良かったらメールで話しませんか?」といった程度で十分です。

ファーストメールで絶対に送ってはならない言葉

逆援助交際を行なう際に絶対に避ける必要がある言葉として、目当ての女性を不快にさせてしまうことを避ける必要があります。

ファーストメールを送る時点では、見ず知らずの男性から送られてくるメールに過ぎません。

最初の印象を良くすることが、気持ちよくメッセージ交換を続けるために必要です。

最低限のマナーを守りましょう

単に女性と出会えれば良いというわけではなく、逆援助交際を行なうならば、女性に対して最低限のマナーをわきまえた上でメールをやり取りする必要があります。

女性のプロフィールに記載されている質問をすると、プロフィールを確認していないことになるので失礼にあたります。

タメ口を避けて自分自身のことばかり話さず、目当ての女性に対して共感や関心があることを伝えるようにしましょう。

連絡先は仲良くなってから

逆援助交際に繋げるためには、女性に対して尽くす気持ちが無ければ関係が長続きしません。

まずは仲良くなってから、実際に会うプロセスへ繋げるためにも、連絡先交換や直接待ち合わせをして会う話を最初から出さないように気をつけましょう。

メールは複数人に送れるようにテンプレートを作ろう

ファーストメールを100人の女性に送って、全員から返信が得られることはありません。

女性が受け取るメールの数は、男性が想像している以上に多いので、まず読んでもらえるかどうかという時点で脱落しているからです。

一部しか返信を得られないことを考慮して、複数人にアプローチするためのテンプレートを作成しておくと良いでしょう。

テンプレート作りが成功すれば返信率が上がる

ファーストメールのテンプレートは、試行錯誤をしながら絶えず工夫することが大切です。

女性との連絡が突然途切れることは珍しいことでは無いので、逆援助交際を行なう際には常に複数人と同時並行でメール送受信する必要があります。

ファーストメールを送る際のテンプレート作りに成功すれば、次々と目当ての女性にアプローチ出来るでしょう。

メールを送る理由や根拠部分は個別に入力しよう

目当ての女性に対して、特別意識していることを伝えるためには、どうしてファーストメールを送ったのかという根拠を具体的に記載する必要があります。

女性のプロフィールをしっかり読んでメールしていると分かるように、理由や根拠部分については毎回個別入力を行なうと良いです。

多くのメールを受信している女性からすれば、完全なテンプレートメールかどうか判断出来てしまうので、オリジナル性を残すことが重要です。

関連記事

逆援助交際

関連記事

逆援助交際希望の女性を見つける方法

逆援助交際希望の女性を見つける方法とは

逆援助交際 出会い系サイト

出会い系サイトで逆援助交際の女性を見つける方法

逆援助交際のプロフィールの書き方

逆援助サイトを利用している人妻が好むプロフィールの書き方とは

逆援助交際 無料出会い系サイト

逆援助交際をするなら無料と有料どちらの出会い系サイトを使うべきか?

逆援助交際 お小遣い

逆援助交際でお小遣いアップが見込めるテクニック

逆援助交際 優しい人妻

人妻は優しさに飢えている?逆援助交際を成功させる方法